【もはや業務用!】超単焦点プロジェクターと投影設備

「おしえる、おそわる、仲間ができる。」をテーマに、地域の学びのサークル活動を支援する「空吹きチャーリー亭」運営事務局です。本日は、空ちゃの備品であり、講義型のサークル活動で必需品となるもはや業務用レベルの超単焦点プロジェクターとその投影方法について解説します。

業務用レベルの超単焦点プロジェクター

空吹きチャーリー亭で、講義型のイベントを企画する際に活躍するのが、この業務用超単焦点プロジェクター「EB-590WT(EPSONビジネスプロジェクター)」です。

このプロジェクターは、図体は大きめなのですが、何と言っても超単焦点ということで、次の写真のようにスクリーンに思いっきり近くに寄って大画面で投影することができます。

スペックは次のとおり。

最大輝度 3300ルーメン
入力端子 HDMI、VGA等
アスペクト比 16:10
パネル画素数 1280×800

なお、メーカーの取扱説明書は以下のリンクよりダウンロードください。

 

使い方1 備品箱を開ける

使い方は、「プロジェクター備品類」とラベルされた白い小箱の中に、以下の備品類が備え付けてありますので、取り出してください。HDMIかVGAケーブルかはお持ちのパソコンの接続端子などをご確認ください。なお、HDMIとVGAケーブルが直接お手持ちのPCに接続できない方は、接続変換機器をご自分で持参してください。

  • 操作リモコン
  • 電源ケーブル
  • HDMIケーブル
  • VGAケーブル

 

ケーブル類を取り出したら、次はプロジェクターに電源ケーブルとPC接続ケーブルをつなぎます。

つなぐ場所は、プロジェクターを横に立てて次の写真のとおりに接続します。

使い方2 プロジェクターを設置する

プロジェクターの投影は、正面奥の壁に備え付けのロールスクリーン(W2300mm×H1700mm)を下げて、投影してください。

空ちゃのロールスクリーンは、なんと幅2300mmもあるので、壁いっぱいに投影することができます。

プロジェクターは空ちゃに備え付けの机の上に置き、スクリーンから30cmぐらいの距離をとって設置して、電源スイッチを押してください。

電源スイッチを押してしばらくすると、スクリーンの光が立ち上がってきますので、適宜プロジェクター位置の微修正をして、画面サイズやピントを調整してください。

 

今日は、空吹きチャーリー亭のスクリーン投影設備について解説しました。

明日以降のスタディサークルの活動が、より充実したものになるよう祈っています。

 


 

空吹きチャーリー亭では、サークル活動の助けになる備品設備を充実させていきます。

その他の備品の使い方などについては、適宜お問合せください。

 

また、毎月第4日曜日はOPENDAYと日曜フリマです。ぜひお散歩のついでにお立ち寄りいただき、空ちゃの中をご覧になってください。

 

それでは、良いスタディサークル活動を!

今日も明日もレッツスタディ!

↓以下のボタンからこの記事を友達に共有できます。
カテゴリー
アーカイブ
新着記事

【無料】スタディサークルの作り方や育て方をお伝えするメール講座

『スタディサークルリーダーの教科書』の概要版を講座受講者に無料プレゼント(Coming Soon!)

スタディサークルの作り方や運営のコツ、仲間の増やし方など、これから活動を始めたり、活動をさらに広げていきたい人に向けた無料の通信講座です。(配信解除はいつでも可能です。)受講者には、『スタディサークルリーダーの教科書』の概要版PDF資料を無料配布する予定(現在執筆中)です。

Copyright © 2021 空吹きチャーリー亭 All rights reserved.

目次